住信SBIネット銀行の詳細と口座開設手順を記載、現時点でわたしのオススメNo1

無料で簡単!ネットでお金稼ぎ〜ネット内職〜 >ネットバンク口座開設>住信SBIネット銀行〜口座開設

住信SBIネット銀行〜口座開設

住信SBIネット銀行について

最初に書いておきたいことがあります。
まず住信SBIネット銀行は銀行としては現時点でNo1だと思います。(利用方法によってはNo1でない可能性もありますけど、私が主に利用する形では間違いなくNo1)

もう一つは内職として利用する場合はまだまだな点が多いです。
住信SBIネット銀行に問題があるのでなく、利用できる内職サイト数が少ないってことです。

この二つのことを前提として書いてあります。

住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行には色々な特徴があります。他にも色々な事業をおこなっており、特徴がいくつもあります。

  • 口座維持費・開設費

    口座維持費・開設費は全て無料!

  • 住信グループで利用しやすい

    円貯金や外貨貯金、FX、投資信託・債券、保険、住宅ローン、お振込・お支払いなどが利用しやすくなっています。
    他にも目的別に口座を作ったり、テレフォン・モバイルバンキングも利用できます。

  • 入金・振込手数料

    住信SBIネット銀行を一番オススメする理由は手数料の安さです!!
    特にATMの手数料はかなりお得です。

    下図の右はネットローンの借入・随時返済です。
    個人の方で代表口座の場合となっています。

    • ATM
    • お預入れ
    • お引出し
    • 残高照会
    • 借入・返済
    • セブン銀行
    • 無料
    • 無料
    • 無料
    • 無料
    • ゆうちょ銀行
    • 無料
    • 注1
    • 無料
    • 取扱無し
    • イーネット
    • 無料
    • 注1
    • 無料
    • 無料
    • ローソンATM
    • 無料
    • 注1
    • 無料
    • 無料

    注1合計で月5回まで無料、6回目からは1回105円(税込)

    法人の方はお預入れ、お引出し共に105円となっています。

    代表口座のことが気になると思いますので説明していきます。
    まず口座には代表口座と目的別口座の2種類があります。
    代表口座とは最初に作る口座で支店番号、口座番号があるもののことです。普通の銀行口座だと思えばいいと思います。
    目的別口座とは目的別に作れる口座のことです。

    例えです。この口座で子供の教育費やローンを管理しようと思いました。
    そうしたら普通の銀行口座なら全部一緒ですよね?
    目的別口座では教育費用口座とローン用口座で分けて管理することができるのです。
    この目的別口座はATMで取引できないようになっています。

    住信SBIネット銀行の口座開設手順

    まず個人でSBI証券に口座をお持ちである方と無い方でクリックする箇所が違います。
    SBI証券の口座が無い方は赤い方をクリックします。
    その下段にあるのは法人口座開設です。

    1. 口座開設方法を選択する

      住信SBIネット銀行の口座開設では2種類の方法から口座開設を選択できます。
      1オンライン口座開設、2郵送での口座開設
      口座開設方法は似ています。
      最初にすぐ口座だけ開設したい。キャッシュカードは後回しって方はオンラインで口座開設をオススメします。
      キャッシュカードの手続きも一緒に全部行いたいって方は郵送での口座開設の方がよいでしょう。

    2. オンライン口座開設方法

      1、クリックして口座開設手続きまで進みます。
      規約を確認して同意しましょう〜
      姓名住所など必須項目を記入して申込み手続きをしていきます。
      完了すると登録したメールアドレスに[口座開設申込受付完了のお知らせ]が届きます。

      2、初期設定
      各種パスワード・キャッシュカード暗証番号を設定します。
      ここからおこなうことはキャッシュカードが届いてからでも平気です。

      3、キャッシュカードの受け取り
      だいたい1週間位で届きます。
      キャッシュカードの受け取りはご本人のみとなっております。
      受け取り時に本人確認書類を提示しなければならないからです。
      本人確認書類とは身分証明書ことだと思えばよいです。
      利用できる本人確認書類はパスポート、免許証、写真付き住民基本台帳カード、外国人登録証明書、官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの、 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証、共済組合員証、国民年金手帳、年金手帳、公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)
      詳しくはゆうちょ銀行に記載されております。

      4、キャッシュカード受取確認の設定
      キャッシュカードを受け取ったらサイトにログインしてキャッシュカード受取確認の設定します。
      やりかたはTOPページ右側にありますのでクリックすれば完了です。

    3. 郵送での口座開設

      1、オンライン開設と同じように規約の確認と姓名住所など必須項目を記入していきます。
      終わると口座開設申込書をプリンターで[印刷]する方法、住信SBIネット銀行に[請求]する方法の二つから選択します。

      2、口座開設申込書、本人確認書類のご返送
      口座開設申込書と所定本人確認書類を住信SBIネット銀行へ郵送します。
      郵送での本人確認書類とは運転免許書、各種健康保険証。
      発効日より3ヶ月以内限定となっているもので印鑑登録証明書、外国人登録原票記載事項証明書、外国人登録原票の写し、外国人登録証明書、住民票記載事項証明書、住民票の写し
      の中から1点を選択します。

      3、キャッシュカード、ユーザーネームの受取り
      キャッシュカードと仮WEBログインパスワードが記載された郵便が届きます。

      4、ログインパスワード等の初期設定
      WEBログインパスワードやキャッシュカードなどの初期設定すれば完了です。

    感想

    口座開設には満18歳以上となっています。
    満20歳以上でないと外貨預金とネットローン等のお取引きに制限され、SBI証券と銀行代理業サービスの利用はできません。

    ネット内職ではフルーツメール(fruitmail)げん玉の換金手数料を安くおさえることができます。
    フルーツメールとげん玉は換金できる他銀行と比較して手数料半額になります。

    ATMの手数料だけでもメインバンクとして利用する価値があります。
    口座開設はこちらから⇒住信SBIネット銀行

    モバイルはこちらからとなってます⇒

    住信SBIネット銀行〜口座開設の最初に戻る   ネットバンク口座開設へ続く
    Total: Today: Yesterday:
    サイトマップ