タブブラウザのGoogleChrome(グーグルクローム)を使用した結果や感想を記載

無料で簡単!ネットでお金稼ぎ〜ネット内職〜 >ネット内職に便利なソフト>GoogleChrome(グーグルクローム)

GoogleChrome(グーグルクローム)

ブラウザとタブブラウザ

ブラウザとタブブラウザに関する基本的なことはタブブラウザ(Tabbed Browser)に詳しく書いてありますので、こちらを参考にして頂くとよいかと思います。

GoogleChrome(グーグルクローム)とは

GoogleChrome(グーグルクローム)とはGoogle社が開発したタブブラウザで2008年9月3日(米は9月2日)にβ版が公開されました。

GoogleChrome(グーグルクローム)は独特のイメージや機能が備わっております。
まずは機能から説明していきたいと思います。

後半の方に2010年5月13日にダウンロードした現時点での最新版(4.1.249.1064)を使用した感想を書いてあります。

GoogleChrome(グーグルクローム)にある独特の機能

普通のブラウザ(Internet Explorer)についてる機能は省略してGoogleChrome(グーグルクローム)にのみ備わっている機能を説明していきます。

  1. 普段URLが表示される部分で検索することができ、他にも履歴やキーワードの候補表示など、全部ひとまとめになっています。

  2. 普段からよく見るサイト9つをサムネイル表示してくれる。(サムネイルとは見本となるページを縮小して表示してるものです。当サイトならTOPページが縮小されて画像表示されています)

  3. 履歴やCookieが残らないシークレットウィンドウを搭載(シークレットウィンドウを使用してダウンロードしたファイルやブックマークはちゃんと保存されます。)

  4. PCやブラウザの強制終了時、前回開いてたページを再度表示するか確認してくれます。(この機能はIEにはないけどFirefoxなどにはあります)

  5. フィッシングやマルウェアなど有害サイトに対するセキュリティ強化(おそらくPC起動時にしてるものと思います)

  6. ブラウザを開かなくてもショートカットでアプリケーションを起動できます。

  7. タブが1つ1つ独立して稼動してますから1つのアプリケーションで不具合が発生しても他のタブに影響がでない。

  8. JavaScriptエンジンにV8を使用されている。(これはど〜いいのか私にはわかりません)

この8つがGoogleChrome(グーグルクローム)の独特の機能です。
私が気がついてないだけで他にも独特な機能が備わっているかもしれません。

GoogleChrome(グーグルクローム)のメリットとデメリット

まだβ版なのでデメリットは当然あるかと思います。
デメリットを知ったうえで利用した方がよいかと思われます。
まずはメリットから説明していきたいと思います。

  • メリット

    メリットは上記のような独特の機能があるってことよりも
    GoogleChromeの最大のメリットはブラウザの軽さ(速さ)です!!

    今までのブラウザでは比較にならないほど違います!!
    それもそのはずです。ファイルサイズが根本的に小さいからだと思います。
    タブブラウザ同士で比較するとGoogleChromeが起動中12,400KB前後(私のPCで)なのに対し、FireFoxは50,000KB以上となっています。

    現時点のメリットは軽さ(速度)だと思っていいでしょう〜
    ↓に更新されたバージョンごとに内容を記載してます。
    赤字に取り消し線を入れてる理由もわかると思います。

  • デメリット

    メリットばかりでなくデメリットも記載したと思います。
    現時点のデメリットはまず文字化けと表示エラーです。

    表示エラーの方が少ないですが、文字化けはかなりあります。
    特にyahoo!mailで文字を打って送信する方は注意しましょう!!
    私はサイト運営してますのでよくメールを送受信するのですが11月初旬から文字化けして読めないと返事が来るようになりました。
    理由を考えたらGoogleChromeを使用して送信した時のみ発生していたのです。

    次のデメリットも若干関連してしまうのですが、次のアップデートがあるまで不具合のままってことです。
    β版なのでこの辺は仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんけどね・・・

    これはデメリットというより私が使用してて不便だなぁ〜って思ったのはFirefoxのように細かい設定ができないことです。
    もう一つは人によっては全く関係ありませんけどオンラインゲームのRagnarokOnlineを起動中にGoogleChromeを起動させると反応しないことです。
    (GoogleChromeは起動するのですがタブのページが無題のまま止まっている。検索やブックマークも反応しない)

感想

以上が私のGoogleChromeに対する評価です。
最大のメリットは軽さ、速さでしょう〜
デメリットはβ版ならではのことが多いです。

私的評価は現時点ではFirefoxの方に軍配をあげます。
でもPCによっては逆の評価もありえます。特にPCのスペックが厳しいようなら軽くて速いGoogleChromeを選択するのもよいでしょう〜

GoogleChrome(4.1.249.1064)の感想

Googleが日本語入力を発表して5ヶ月経過したので新しく試してみたのと2010年5月13日に日本語入力がオープンソースになったことから使用してみました。

簡単に結論から申し上げますと、GoogleChromeのサイズは大きくなった(それでもFireFox半分位です)が相変わらず動作は速い。
オンラインゲームのRagnarokOnlineを起動中にGoogleChromeが利用できるようになりました。

日本語はかなり改善されたが、相変わらず文字化けはある。
前回YahooMailを利用して問題だった文字化けがでるかどうかを試してみました。
文字化けの部分は件名で表示されます。しかし前回と違う点は文字化けで表示されるが送信するとちゃんと打ち込んだ文字が送信後直って表示されていました。
内容の部分で文字化けした文字を書いてみるとちゃんと書けるようになっておりますし、もちろん文字化けすることなく送信されました。 対処としては件名だけをメモ帳などに書き込み、その後コピーして件名にペーストすればよいでしょう〜
ただいつ文字化けするか不安要素して残っております。

まだβとしてますから多少の不具合は多目にみましょう〜
前回より対処されており、使えるようになっていると感じました。

私の場合は利用するものによって使い分けるようにしました。
お金稼ぎできる内職サイトや検索などから移動する場合はGoogleChrome(グーグルクローム)を利用し、YahooMailなどメールの送受信や確認を行う場合は違うブラウザを利用しています。

GoogleChrome(15.0.874.121 m)

GoogleChromeの正式版Ver15です、βは16。2011年12月の時点で最新版です。
未だに不具合が多いです。

[15.0.874.121 m]で検索するだけで Chromeで本文の体裁が崩れる?
GoogleChromeで、Gmailのメール本文が表示できない?
Google AppsのGmailで読み込みエラーが多発
Gmailのチャットに入力できない?
がまず出てきます。

他にも画像・動画で不具合、ニコニコとYoutubeで不具合有り。
あげていけばきりがなさそうです。

ここまでなら自分で調べながら対処していけば使えると思います。
私がGoogleChromeを利用するのをやめることにしたのは別の問題です。
やめた理由はGoogleChromeの売りの軽くて早くて安全の軽くが疑問になったからです。

今までGoogleChromeはサイズ容量の軽さ、ブラウザの速度の速さ、ウィルスなどを防ぐ安全でした。
しかし今はサイズが大きくなり重く、速く、安全って感じです。
これだけ不具合だしてれば安全も疑問かもしれませんね。
どれだけ容量が大きいか見てみましょう〜

GoogleChromeのサイズ容量

↓の画像を見てもらえれば分かると思います。
GoogleChromeのサイズ容量01
一応一番重いと思われてたFirefoxと比較です。Firefoxは8です。
この時点で表示されてる容量は両ブラウザを起動のみした時点で消費してるメモリ容量です。
基本タブブラウザは一つファイルを動かすことで容量を軽くしたのが始まりだったと思います。
GoogleChromeでは複数ファイルで起動してるのです。
これが重くて速いGoogleChromeの仕組みです。

GoogleChromeのサイズ容量02
次はタブを一つ使用した状態での容量です。
GoogleChromeの方はファイルが一つ増えてることに気がつくと思います。
GoogleChromeはメモリをガンガン消費することで速さを維持してるのです。
複数開くと全部メモリを喰うのかは試してませんけど、この時点で450,000K以上消費しています。
そしてブラウザの性質上〜起動して使用し続けてると徐々にメモリを喰っていきます。
ブラウザだけでメモリを500MB近く消費することになります。

XPを2GBのメモリで利用してますけど、私のXPはnLiteを使ってXP自体をギリギリまで絞ってますのでメモリ消費量も抑えてあります。
そこまで頑張ってるのにタブブラウザ一つで500MBはやりすぎです。

私はネット内職をおこなっている時、2つ以上のタブブラウザを開き、Dreamweaverで複数ファイルを開いてます。
作業を長時間行っていたらDreamweaverにメモリが足りないって言われたことで気が付きました。
GoogleChromeを利用しなくなったらメモリ不足は言われること無くなりました。
私が利用をやめた理由でした。

GoogleChromeの売り、軽くて早くて安全ってのは昔の話です。
メモリを6GBとか積んでおり、メモリ不足がありえないでタブブラウザにただ速さだけを求めてる方だけなら利用できなくもないです。

ダウンロードはこちらから⇒GoogleChrome(グーグルクローム)

GoogleChrome(グーグルクローム)の最初に戻る   ネット内職に便利なソフトへ続く
Total: Today: Yesterday:
サイトマップ