相互リンクの説明が何故あんなに書いてあったのか。詳細と理由その2。

無料で簡単!ネットでお金稼ぎ〜ネット内職〜 >りんくについて>リンクについての詳細理由2

リンクの方法次第でお断りさせて頂くサイト様編

下記に書かれてるようなことをしてるサイトは相互リンクをお断りしております。
理由は読んで頂ければわかります。
読んだ方なら間違いなく、こんなサイトとリンクしたくないって思いますから〜

動的ページ、フレーム (frameset)、インラインフレーム(IFRAME)内からからなどのリンク

動的ページとはフレーム(frameset)・インラインフレーム(iframe)、cgi、phpなどがあります。
細かいことはご自分で調べていただくとしてリンクで断る理由としては動的ページは静的ページ(普通のHTML)で作ったページよりSEO的に弱いのです。(近年はちゃんと効果でてます)
弱いページからリンクされても効果が無い、もしくは効果が薄いのです。

私的に悪質だと思うのはインラインフレームとヘッダータグをnofollowにしてリンクしてるサイトです。
インラインフレームを使って表示してるページは今表示されているURLとは全く違うページだからです!!
当然別ページですからリンク効果なんて無いと思った方がよいでしょう〜

何故こんなことを行うのか?というと自分だけ得して相手には全く得させないようにする魂胆だからです。
理由をあげたいのですけど、これを説明するとおそらくそれだけで1,2ページはかかってしまいます。
[SEO 検索エンジン最適化 被リンク ページランク]これらの単語を入れて検索してみてください。

他にも悪質としてる理由はHTMLでホームページを作った初心者ではインラインフレームをまず普通に使いこなせません。
ということは相手はインラインフレームの特徴を理解しておこなっている
ということです!!

相手が故意に行っているかを理解するのは簡単です
まず相手のTOPページからみていきます。
自分のサイトが移動できるアンカータグ(<A href="○○.html"></A>)を設置してるところではインラインフレームを使用せず、 相手先のリンクが移動できる場所では使用している。
これだけで確信犯と言えるでしょう〜

注)理解しないでインラインフレーム(iframe)使っている方が居ました。
アンカータグを並べてる箇所(自分の内部含めて)全部がインラインフレームでした。
故意でないとしてもこちらから忠告する気にはなれ無いです。

他にもヘッダーのタグでnofollowになっていないかもチェック必須です。
これはこのページを検索エンジンは読まないで下さいって言ってるのです。
これではリンクした効果皆無です。
<META name="robots" content="nofollow">
こんな感じで書かれてます。
なので相手先のリンクのページをチェックするの当然のことです。

私が知っている一番悪質なサイトはTOP相互リンクをインラインフレームでおこなっているサイトです!!
実際にありました!!(今はそのサイトが生きてるのか知らないので過去形)
晒してもいいのですけどやめておきます。
わたしが上記で挙げた正しく相互リンクしたくない人としてる方です。

当サイトでインラインフレームを使用してるページはTOPページ脇の更新履歴のみです。
昔は普通に書いてたのですけど、その場合Indexのアンカータグが100を超えてしまったからです。
アンカータグを消してもIndex内のキーワードが崩れる為、インラインフレームを使用しています。
インラインフレーム内にリンクしたサイト様が記載されてますけど、リンク集は別です。
ちゃんと静的ページに貼ってあります。
記載されててもマイナスになることはありませんがアンカータグ外せって申される方がいらっしゃったらお申し付け下さい。

注目)アンカータグ外せって人は居ないと思います。
一応、思いやりとサービスのつもりでおこなっています。
ちゃんとリンクしたページを記載して返信してますけど、完全に相手へメールが届いてるかははっきりしません。
(実際にブラウザとメールの問題で届いてなかった件がありました。)
そんな時、自分がリンクした当サイトのTOPページからリンクされたか確認してくると思います。
そしてTOPページの一番上にリンクしたカテゴリーと自分のサイトが載っていれば確認するのも楽だと思います。

それとTOPページの一番上に自分のサイトが載っているってことは、それを見てあなたのサイトを見てくれる可能性もあります。
当サイトにリンクを申し込んでくれた方へのサービスも兼ねておこなっています。
私から申し込んだ場合は載せていません。

cgi、phpはリンク効果ありますので相互リンク致します。
ただし細工してた場合はリンク効果無くなりますのでおこないません。
例えばリダイレクトページをはさんでいるなどです。
[redirect.cgi?url=http://www・・・]のような場合です。

リンクを貼ったページの内部・外部リンク数の合計が100以上貼ってある

これは単純にリンクの効果が薄くなる為です。
100という数字は意味あります。(現時点でも同じなのかはわかりませんが) 100を超えた場合、それ以上リンクしてる方達にリンクの効果は無い、もしくは効果が超薄いのです!!
他にもリンク集の内部・外部リンクの合計が100であっても効果が薄めです。
なぜならそのページにあるリンクの力を100等分してるからです。

簡単に説明しますとリンク集をホールのケーキとしますと内部・外部の人達が100人居ましたら100等分してケーキを分けることになるのです。
リンク数を少なくしすぎるとページを多くつくらなければならなくなり、管理が大変です。
なのでリンク数100以内なら効果があると思っていますのでお断りするのはそれ以上としてます。
私がリンク集の外部リンク数を50サイトまでとしてるのは相手への思いやりです。

「当サイトではリンクしたサイト様の効果を高める為にもTOPページから2回の移動で必ずリンク設置場所へ移動でき、リンク集1ページで最大50サイトまでとしてます。
当サイトでは内部・外部リンク数が100をこえることはありません」
としてるのはそのままです。
自分でされて嫌なことは決して相手にはしませんってことです。

注)リンクに関する記事が完成したら1ページあたりの外部リンク数を30にして管理しようと考えてます。
逆にリンクの効果が薄いサイトは一般相互リンク集01で登録することにしました。

リンク効果が高いページ、ネット内職系相互リンク集 感謝の気持ち01を作成
詳細はページに記載してあります。

移動するページのリンク数の合計が100以上貼ってある

これは↑に似ていると思います。
例えるならTOPページをAとし、Bを経由してCにリンクされてるとします。
↑の話ではCの内部・外部リンク数の合計が100以上貼ってあるかどうかを問題としてますが
ここではA、Bも含めて内部・外部リンク数の合計が100以上貼ってあるかどうかを問題としてます。
リンク集を一つにまとめてるサイトによく見られます。

一言

私が書いた相互リンクの方法が全て正しいとは思ってませんし、全てのことを知っているとも思っていません。
間違っていたことがあったら訂正・削除するし新しく知ったことがあったら書き足します。
もし記載が足りないことや間違ってることがあった場合や書いてあることへの質問はお問い合わせのメールより御連絡下さい。

次はわたしがリンクするにあたって必ずすることやリンク集の作り方などを説明してます。

続く、次回予告

次でラストです(一応)
リンクの方法次第でお断りさせて頂くサイト様編の続きからです。
次のページでは[TOPページから当サイトを貼り付けたリンク集へたどり着けない]から説明します

リンクについての詳細理由2の最初に戻る   リンクについての詳細理由3へ続く
Total: Today: Yesterday:
サイトマップ